武蔵浦和エリア グループ眼科のご案内

ファーストタワー眼科
朝9時より受付しております。
駐車場2時間無料です。

ファーストタワー眼科のホームページはコチラ
ファーストタワー眼科の当日オンライン予約はコチラ

サイト内検索

■トピックス

2017/11/14
平成29年12月のドクタースケジュールを追加しました。
2017/10/10
平成29年11月のドクタースケジュールを追加しました。
2016/04/04
【iTICKET】の使い方を公開しました。

ごあいさつ

武蔵浦和眼科クリニックは埼玉県さいたま市南区の眼科医院です。
武蔵浦和駅西口から徒歩1分で、土・日・祝日の診療も行っています。 地域の皆様の、目の健康と視力を守るために、年に一度は眼の定期検査を、コンタクトレンズをご使用される場合は6ヵ月に一度の検診を受けられる事をお勧めしております。

■初めて受診される方へ

患者様の来院集中による混雑を緩和し、待ち時間を平準化しスムーズな診療を行う為、問診表のご記入をお願いしております。
下記のものを事前にダウンロードして頂き、ご記入のご協力をお願い致します。

問診表ダウンロード

眼科お役立ち情報

涙について

涙の役割(1)
涙は「ムチン層」「水層」「油層」の3層からなります。
ムチン層・・・目に一番近い層で涙が流れ落ちないように安定に保つ役割。
水層・・・中間の層にあたり、角膜や結膜に栄養分を送る役割。
油層・・・一番外側の層で水分の蒸発を防ぐ役割。
多くの方は涙は1層からなるとイメージしていたと思いますが上記のように3層から成り立っています。
涙は多く出るのに眼が乾く方もいらっしゃると思います。
そういう方は涙の質が原因の可能性があります。
涙の役割(2)
涙は、眼が正常な働きをするために欠かせないものです。
傷つきやすく、かよわい眼を外界のバイ菌や異物から守ります。
また、角膜へ酸素や栄養分を届けるのも涙の重要な役割です。
この他にも「ものを見る」という眼の働きを、様々な点から支えています。
【涙の主なはたらき】
・眼の表面を外界から守り、乾燥を防ぐ
・眼が鮮明な像を結べるように、角膜表面を滑らかに保つ
・角膜に酸素や栄養を届ける
・バイ菌などの進入や感染を防ぐ
・ゴミやホコリを洗い流す

私たちの眼は、まぶたを開けたままにしたり、涙が減ったりすると、角膜の上に「ドライスポット」という乾燥した部分が現れます。
普通はこうなる前にまばたきをして、眼の表面を潤していますが、涙の質や量が低下したり、必要以上に蒸発するとまばたきをしてもドライスポットは残ったままになります。
やがて、最も痛みに敏感で傷つきやすい角膜が露出し「眼が乾く」といった不快な状態になるのです。

眼の乾きが気になりましたら、まずは眼科を受診しましょう。

シルマーテストについて

今日は涙の量を測るテストについてです。

ドライアイは主に涙の分泌量の大小と涙の成分、環境によって引き起こされるといわれています。
一つ目の涙の分泌量を調べるのがシルマーテストです。シルマーテストは方法が二つあり、紙を使用して行うシルマーテストと綿糸を用いて行うゾーンクイックです。
ゾーンクイックは下まぶたと眼の間に黄色い糸をはさんで15秒間待っていただく検査になります。黄色い糸が赤く変色している部分で涙の量を測定します。

シルマーテストは下まぶたと眼の間に小さな厚紙のようなものをはさんで5分間ほど待っていただく検査になります。厚紙のようなものをはさむので少し違和感が出ますが、ゾーンクイックよりは検査の信頼度が高いといわれています。

最近はエアコンの使用やパソコンの使用でドライアイの方が増えているといわれています。少しでも眼のかわきが気になる方は眼科で相談してみてください。

涙点プラグとは

涙点(ルイテン)プラグとは、ドライアイへ有用な治療法のひとつです。
涙の流出口に栓を差し込むことにより、涙を目の表面にためてドライアイの治療と軽減をします。

涙点とは・・・
瞼の鼻側の目頭にある穴のことで、涙の排出口です。
涙は目の表面を保護するために常に瞼の外側にある涙腺でつくられます。

ドライアイの治療法の基本は点眼液による治療になります。
しかし、点眼した時には眼は潤いますが、それを保ち続けることはなかなかできません。

涙点プラグでは、自分の涙を眼の表面にとどまらせることにより、涙の逃げ道がふさがれます。
すると涙がたまり、ドライアイ症状が、緩和されます。

保険適用の手術となっていて比較的安価な手術です。
片目3000円から5000円程度で行うことが出来ます。
特に異常がなければ、ずっとつけたままでいることも可能です。
しかしながら、眼にとって異物であることには変わりありません、定期的に眼科での受診をして下さい。